スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

イラストを描く日々(68)

イラスト技術の向上を目的として、
アナログやペンタブで適当に描きまくる記事。
今回は、その68回目になります。
鈴木尚と言えば未だにこっちのイメージが…(何)

30秒ドローイングを始めておよそ3ヶ月。
裏も書きながらですが、こっちの方も継続中です。


ここで、ちょっと昔からの進歩を振り返って
みようかと思います。



Illust157.jpg
【1枚目 2008/11/15】



Illust158.jpg
【同時期に描いたイラスト】
(モデル絵を見ながらポーズをカキカキ)



Illust159.jpg
【49枚目 2009/1/14】



Illust160.jpg
【同時期に描いたイラスト】
(顔のパーツと全体のサイズはこれが脳内基準)



Illust161.jpg
【103枚目 本日】



Illust162.jpg
【さっき描いたラフイラスト】
(誰のマネしてるかは想像に任せます)



これくらい続けてると、さすがに初回からは進歩が見えます。
でも、50回と100回の間はあんんまり差がないみたい。

まあ、唯のイラストに関して言えば、
ドローイングの人体模型を見ながら描いた初回と比べ、
特に何も見ずにポーズを描けるようになったり、
即興力は割と向上した気がします。

しかし、人体模型ばっかり描いてるから
デフォルメに落とし込むバランスがいつも変です。
唯は背が低い設定なのに…(蹴)

あと、やっぱり描くからにはきちっと意識して
じっくり描かないと作画が簡単に崩れてしまいます。
腕の長さがおかしいとか、目元が変だとか、
精度を上げていくには、まとまった時間が必要です。

当面は"裏"を仕上げることが優先課題ですが、
新年度から、また練習法を検討しないといけませんね。



以上、そんな本日のお絵描きでした。
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isokarasu.blog108.fc2.com/tb.php/620-0af97252

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。